生活」カテゴリーアーカイブ

いざ出産という日の出来事

歯軋り

私は結婚してもう15年が経ちます。我が家の子供が生まれる日の事を今でも忘れません。出産当日私は、会社に普通に出社して朝から産まれる事でテンションは上がる一方でした。

仕事が終わり妻の入院している病院へ直行です。今でも忘れませんあれは、嵐のような雨であちこちの道路が通行止めと、いうくらい酷い雨でした。

少し遠まりしながらやっと妻の待つ病院に、つき妻の顔を見て、頑張って!と応援して病院側にも産まれそうになったら必ず電話を下さい!と伝えて面会時間もあるので一旦家へと帰りました。

当然寝れません。朝がた4時位に電話が!ついに!とテンションが上がり立ち会おうと楽しみにしていた私。

電話に出ると、以外な答えが、、「さっき産まれたよ!」と落ち着いた妻の声。あれ、立会いが、、大きな病院で立会いが不可能だった病院でした。

しかし、無事予定日ぴったりの10月11日午前3時13分に女の子が誕生しました。産まれた時には天も喜ぶかのように雨もすっかり上がって、妻も子供も元気いっぱいの姿を見てありがとう!と声をかけてあげました。

驚いたのは、40週のぴったり産まれてきた事です。前後もせずに!子供を抱く事が出来て、初めてお父さんになった!喜びと感動で一杯でした。

助産婦さんがお父さんそっくりですね!と一言。やはり、自分の血が入ってる証拠でまたまた、テンションが上がりに上がってしまいました。

赤ちゃんの名前を決めていたので名前で呼んであげました。新しい家族が増えた瞬間でした。

しばらくは妻は入院。私は役所に名前を提出して、仕事も今まで以上に力と気合が入りました。約一週間後妻と赤ちゃんは我が家に帰ってきました。

何よりも私の楽しみは、赤ちゃんのお風呂でした。首を右手で支え丁寧に洗ってあげました。ミルク作りも、ミルクをあげる事も当然やってました。

私が仕事で疲れ赤ちゃんの横で一緒に寝たのを今でも忘れません。そんな子供ももう中学生3年です。

時がすぎるのは早いものです。これからも、家族仲良くやって幸せな家庭を築いていきます。以上です。ありがとうございました。