ちょっと妥協して建ててしまったマイホーム

田舎の一戸建てマイホームに住み始めて16年。あっという間の16年でした。ちょっと妥協して建ててしまったマイホーム 田舎の一戸建てマイホームに住み始めて16年。

虫歯除去

あっという間の16年でした。27歳で結婚し、最初の1年間はアパート暮らしでした。

しかし、集合住宅というのは私も主人も、どうも気を遣う生活に慣れず、早々に「一戸建てに住みたいね」という意見が一致し、結婚2年目にして早速マイホーム建築に向けて動き出しました。

といっても、モデルハウスを見に行ってもハウスメーカーに話を聞きに行っても、それはそれは様々なタイプの家があり、また価格もピンからキリまであり、どんな家にしようか悩みが増すばかりでした。

なかなか話が進みませんでした。でも、しばらくすると漠然と「こういう家がいいな」というものが見えてきました。

主人と決めたことは「独立した和室がある」ことと、「広い庭がある」ことの二つだけです。あとは予算も決めて、土地と家の予算の内訳もだいたい決めたのですが、広い庭を確保するためにある程度の坪数の土地が必要となり、家にかけられる予算はそんなに余裕がなくなってしまいました。

いざ間取り決めや見積もりが始まると、案の定いろいろとオプションを付けたくなったり、いい材料を使いたくなったりしましたが、きりがないのでグッと我慢して、なるべくシンプルな構造の家を建てることになりました。

そうして建った我が家に住み始めた16年…大きな不満はありませんが、やはり16年経つとあちこちガタが出始めます。高級な材料を使えなかったため、ドアの淵が剥がれてきたり、壁紙が痛んできたりと最近は経年劣化が目立ってきて気になって仕方ありません。

今更ですが、後悔しないためには、少し無理をして最初のプランでワンランク上の材料を使うように決めてしまったほうが良かったかなと思います。でももしそのようにしていたとしたら、今はローンの支払いがきつくて、やはり予算を守って建てるべきだったかなと思っていたことでしょう。

結論としてはどちらにしても、最初の予算が限られている以上、何らかの後悔はしていたのかな…ということですね。